HOME > 施工事例&オーナーインタビュー > 愛着のある住まいに木のぬくもりリビングとつながるキッチンへ

施工事例&
オーナーインタビューWorks

#07愛着のある住まいに木のぬくもり
リビングとつながるキッチンへ

札幌市・中央区 / Kさん・4人家族 / 築35年 / マンション

  • 一新したリビング・キッチン。ムクの床、塗り壁へと変え、間接照明も取り入れました。
  • 玄関の上がり口にさりげなくタイルが。収納に活用しているという趣ある佇まいの食器棚は、100年以上前のものとか。
  • 木のやさしさとKさんのインテリアセンスが調和。落ち着いたナチュラル感が素敵。
  • キッチンの面材は、木の風合いを生かすクリア色の塗装で仕上げを。
  • リビング側から見た寝室。雰囲気のあるパーティションがアクセントにもなっていました。
  • Kさんがお持ちだった鏡、木の面材とタイルを組み合わせた洗面台。

水まわりを快適に。無垢の床、塗り壁にも憧れ

中古で購入したこのマンションに暮らして15年以上経ちます。便利な場所なこともあって、離れられないんですよね。入居するとき畳だった部屋をフローリングにしたり、そのあともちょこちょこ部分的に変えたり。リフォームは前々から考えていました。いろいろタイミングがそろったので思いきって。水まわりの設備は、ずっとがまんして使っていました。特にキッチンのコンロは何とか使っていた状態だったので、それを取り替えるなら全部変えちゃおうと。全体的には床をムク材に変えて、壁も塗り壁にしたいと思っていました。それといつも掃除に時間が取られるので、掃除がラクなおうちがいいなとも思っていました。

壁を取ってオープンなキッチンへ
リビング家具も造作して空間に一体感

ナチュリエスタジオで見たキッチンが素敵で、ナチュリエリフォームにお願いすることに。もともと壁に向いたキッチンで、リビングとの間は壁で仕切られていました。そういうもんだと思って使っていたけれど、オープンにしてみると明るいしすごく使いやすい。テレビを観ながら作業できるのもいいですね。クリア色を選んだ木のキッチンに合わせてリビングのキャビネットを造作したのは、担当の山本さんの提案から。これもすごく気に入っていて、雰囲気をそろえたくてダイニングテーブルも新しくしました。リビングのストーブを移設して、そこのスペースに収納をつくってもらって。内窓も変えたらうんとあったかくなりましたね。

床やドアなども、ほとんどが山本さんの提案。イメージしていたものをかたちにしてくださいました。使い勝手も居心地もよく、私達夫婦も息子たちも快適に暮らしています。夫はこのリビングで、映画を観るのが幸せだといっています(笑)。

Before&After

キッチン
キッチンビフォアーキッチンアフター
キッチンビフォアーキッチンアフター
洗面所
洗面所ビフォアー洗面所アフター

工事概要

  • 造作キッチン交換
  • 洗面台造作
  • 床無垢材張替
  • 塗り壁仕上げ
  • 造作家具
  • 入口ドア交換
  • UB交換
  • WC交換

料金の目安

~300万円 ~600万円 ~900万円 ~1000万円 1000万円~

施工事例&オーナーインタビュー 一覧へ

最新情報 一覧へ

カテゴリー

過去の記事

Staff 皆さまに、幸せな暮らしをお届けします!

Reform design ideas.

見学予約・相談予約