HOME > BLOG > 菅原 圭の記事一覧

ブログBlog

"菅原 圭"の記事一覧

ビフォーアフター!

リノベーションのすすめ / 2020.10.12

こんにちは、営業の菅原です。

一雨ごとに冬の気配が近づいてくる時期になりましたね...。

あと2か月半ほどで2020年が終わってしまうなんて、どういうことでしょう...。誰か2020年を食べちゃったんじゃない?と本気で思ってしまいます(-"-)

さてさて。

先日、お引渡しがありまして。

ずっとお住まいだったおうちをリノベーションしていただいたお客様です。

最初にお会いした際にうかがったお悩みは

①足元がすごく寒い。結露で各所にカビが酷い

②キッチンが狭くて使いづらい

③経年劣化で色々なところにガタがきている

などなど...。ずっと住まわれていたおうちの場合は、結構よく聞くお悩みでもあります。

ナチュリエリフォームでは住みながらの工事(在宅工事と呼びます)は承っていないので、一旦退去で仮住まいをお願いするということなどをご説明し、住みながら細々直すよりはここでお悩みをしっかり解消しましょう!という事でリノベーションをスタート!

まずはキッチン!!

K2.JPG

K1.JPGK3.JPGK4.JPG

K5.jpg

こちらの物件(マンション)の場合、構造体と呼ばれる建物を支える壁があることでスペース自体を広げるというのは出来なかったのですが...全然解放感が違いませんか?♪

結露とカビにお悩みだった各所ですが

洋1.JPG洋2.JPG洋3.JPG

洋4.JPG

今後の結露防止のため、断熱増強、外窓の徹底清掃と内窓を気密性の高いものに交換。湿度によって稼働するレジスター(換気口)を設置しました。

断熱増強など、結露や寒さへの工夫はもちろんこの部屋以外にも行っています。

少しでもこれからの暮らしが快適になっていただければなぁと思う次第です(^^)

今は引越し作業に追われていらっしゃるだろうオーナー様...

リニューアルしたおうちでの暮らしのためにがんばってーー!!

すがわら

キッチンタイプ、あなたはどっち派?

菅原 圭 / 2020.08.09

こんにちは、営業の菅原です。

各スタッフのDIY系のお話が続いてのおりますが...!!そういうのは潔く得意な皆々様に任せよう٩(๑òωó๑)۶ と心に決めました(笑)

一応お盆休暇中にちょっとアレコレしてみる気持ちは、ある。。。

 

さて、今回私が皆様にご紹介したいのはキッチンの形です。

オープンなタイプ?ちょっと壁がある方が良い?

3872.jpgのサムネイル画像

_R2A0306.jpg

写真1枚目がオープンタイプ。フラット対面キッチンと呼ばれています。

水栓の後ろに壁がなく、天板が広いといえば良いんでしょうか。

お客様から"アイランドキッチン"が希望とうかがっていたら、実はこのフラット対面(キッチンの片側が壁についているのでアイランド(島)ではないのです)だったりということがあります。

魅力は広々解放感や空間のつながり感、お皿を置いてすぐ料理を出したりできるところ。

もちろん気を付けるべきこともあります。水撥ね、シンク内やキッチンが丸見え。ある意味お掃除の圧が強い...。壁があるタイプよりも天板大きいのでお値段もします。

対して、水栓の後ろに壁があるタイプのキッチン。お写真2枚目になります。

空間のつながり感はフラット対面に負けますが、これまた良いところもあって、手元が見えない・水撥ねを抑えられる、作業スペースの方にはコンセントをつけたりできるという部分。

コンセント?と思われている方、こちらです。IMG_3660.JPG

見えますか?コンセント。

ここにあると、ブレンダーやミキサー、電気の泡だて器使うのにすっごく便利です。

どちらのキッチンが良いのかは、その方の暮らし方で変わります。

ちなみに壁の立ち上がりについては、フラットにはもちろんなりませんが出来るだけ下げたり隠す目的で高くしたりご相談可能です。(設計にね・笑)

どっちが私に向いているかなと考えるのが楽しいです♪

私だったら...多分壁があるタイプ。水撥ね気になる...

皆さんはどちらが良いですか?(^^♪

すがわら

たまには私も...

菅原 圭 / 2020.07.26

こんにちは、営業の菅原です。

自己申告しますが、超不器用です...(笑) 

好きなことは読書と映画や海外ドラマ(を家で観る)、あ...あと掃除好きです掃除!観葉植物も好きです!

そんな私なので、日々ナチュリエリフォーム(略してナチュリフォ)メンバーのモノづくり好きには圧倒されております。みんな、器用だしマメ!あと根性ある!

ですが、私とてインテリア好き...ここは負けてられませんので、とっても簡単な間接照明もどきを作ったのを紹介したいと思います。点灯無し.jpg

用意したのはワインボトルと、電池で点灯するLEDのワイヤーライト。

ちなみにこれは南仏最大のワイナリー、"ジェラール・ベルトラン社"の"コート・デ・ローズ"のボトルを使用しています。ファッションデザイナーが作ったボトルで、ボトムがものすごーーく可愛いです。私は気に入ったワインボトルはきれいに洗って飾る派ですが、その中でもトップクラスにオシャレなものを選びました。自慢のボトムは後程お見せしましょう。

とりあえずワイヤーライトを詰めます。詰めるだけ。他には何もしません。

で...電池をセットして点灯致しますと

点灯あり.jpg

間接照明の出来上がり!とっても簡単です!(そりゃそうだ)

こちらはベッドサイドライトとして用意したので、LEDオン/オフの常時点灯タイプのワイヤーライトを使用です。現在、身内や友人が泊まるときに使ってもらう部屋で活躍中。

「なんかオシャレな照明!」と言われます( *´艸`)ウフフ

ワイヤーライトには点滅タイプもありますので、どこでどんな風に置くか・飾るかで選ぶことができます。100円ショップでご用意いただけてしまうお手軽さも良いところ。別なボトルに仕込むつもりで既に準備していましたのでご紹介しておきます。

素材.jpg

私のように、あまり器用じゃないし根気もそんなにないのよね...という方も恐らくいらっしゃると思いますが、こんなお手軽簡単インテリア作りもありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

では、最後に"コート・デ・ローズ"の自慢のボトムをお見せします。

瓶底1.jpg

薔薇の花をイメージしたデザインボトルで、瓶底が薔薇の様にカッティングされています。実はキャップもガラス製。

瓶底2.jpgこのボトムのおかげで、明かりがまたキレイに乱反射するのが良い感じです。

ぜひ皆さんも、一押しのボトルで間接照明を作ってみてくださいね。

 

すがわら

 

 

fakeも良いものです。

菅原 圭 / 2020.06.13

こんにちは、営業の菅原です。

今日は30℃超え、熱中症に注意と聞いていましたが...今、窓から見えるのは暴風と雨です...びっくり。

さて。

実は私、観葉植物が大好きなのですが(我が家のリビングには15鉢くらいあります。今は大きいコが欲しい...)時には残念ながら枯らしてしまうことも...(´;ω;`)ウゥゥ 

特に夏場は湿度や気温に気を遣うところです。

気を付けないとこの時期はどこからともなく小さな虫も出る...。

でもやっぱりおうちにグリーンは欲しい!必要!

と思い、新たなコをナチュリエスタジオで物色していたら...

(人攫いもといグリーン攫い)

S__16023555.jpgS__16023557.jpg

びっくりしたんですが、この写真のグリーンたち、フェイクなんです!!

特に2枚目の葉物たちは、最初全く気付かずでした。

へー、テレビボードにこうやって並べているのなんかステキだなぁ...

うちもポータブルのプロジェクターにしたら置けるんじゃない?なんて思っていたくらい(笑)

今のフェイクグリーンってとっての精巧だなと改めて思いました。

本物のグリーンは魅力的ですが、虫も水やりの心配もないフェイクってとても便利。敷居が高いなぁと思っていた方、ぜひとりいれていただけたらなぁと思います。

すがわら

DIYイベント試作のお時間

DIYばなし / 2020.04.07

こんにちは、営業の菅原です。

昨日、今月25日(土)開催のDIYイベントの試作づくりを行いました!

(と言いつつ、私は写真を撮ったりお掃除したり「それ欲しいー!」という係をしてましたが・笑)

ナチュリエリフォームのスタッフは、本当にDIYが大好きです。

イメージがつくと図面不要でどんどん造れてしまうボスの山本、モノ作りイキイキする設計草刈、コーディネーター安田、工事担当池端。みんなの輝きが眩しかったです(笑)

では、試作の雰囲気をご紹介。S__14688259.jpgみつだん.jpgS__14688265.jpgS__14688262.jpgS__14688263.jpgS__14688264.jpg

写真では伝わりませんが、ものすごーーくキャッキャワァワアしながらやっているんですよ(*'▽')

色々相談し、細部を詰めて当日を迎えます。

イベント詳細はコチラでご確認ください♪ https://www.kitchen-studio.jp/blog/2020/04/diy-ladder.html

Staff 皆さまに、幸せな暮らしをお届けします!

Reform design ideas.

相談予約

最新情報 一覧へ

カテゴリー

過去の記事